「くすり」を介して人類の健康と福祉に対してグローバルに貢献する

 薬学は自然科学の一分野ですが、基礎科学とは少し異なり、生命や健康について化学的、生物学的さらに物理化学的に研究する総合的な応用科学です。本学部・薬学研究院では、これらの研究により得られた知識や技術などの成果をもって人類の健康、福祉に貢献することを目的とします。

薬学部

●薬学科
 薬剤師の資格と研究能力を生かし、薬学の教育・研究・薬事・医療行政、医薬品の開発を担う人材を育成します。また、チーム医療のなかで職能を発揮し活躍できる高い研究マインドを持ち、指導的立場に立てる薬剤師を育成します。

●薬科学科
 製薬企業の研究開発職や公的研究機関、官公庁、大学等の第一線でグローバルに活躍できる研究者を育成します。

大学院医学薬学府

 医学薬学府は、医学薬学融合型の大学院として、医学・薬学並びに関連する専攻分野において、研究者として自立し研究活動を行うに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うとともに、全人的視野に立った医療従事者、医学薬学の知識を持つ先端的生命科学研究者を育成することを目的としています。
 そのために医学薬学府は次のような人の入学を求めています。

(1)豊かな基礎知識に裏付けられた広い視野と柔軟な思考力を備えた人
(2)責任感溢れる次世代のリーダーとなる熱意のある人
(3)生命科学を基礎として国際性豊かな独創性のある医学・薬学研究者を目指す人
(4)高度の専門技術と研究能力を備え、かつチーム医療を担える統合的視野を持った優れた先進的医療人を目指す人
(5)医療品の創製とその臨床応用に貢献できる医学薬学研究者・教育者を目指す人
 

修士課程 総合薬品科学専攻

 総合科学である薬学の高度な知識を身につけると共に、疾病の診断・治療・予防に用いられる医薬品の社会的諸側面を正しく理解できる人材の育成、さらにグローバルに展開する基礎から応用に至る医薬品開発研究を自立的に担う人材の育成を目指しています。
 

4年博士課程 先端医学薬学専攻

●先端生命科学コース(初期受入れコース)
 生命科学の広範にわたる領域横断的講義と最先端の研究活動を通して、生命現象を包括的・総合的に理解するとともに広い視野で独創的な生命科学研究を展開し人類の福祉に貢献できる人材の育成を目指しています。
●免疫統御治療学コース
 免疫関連難治性疾患(がん、アレルギー、循環器疾患等)における免疫システムの統御機構を明らかにし、この原理に基づいた免疫治療を目指す免疫システム統御治療学を担う若手研究者の育成を目指します。世界水準の大学・研究所等の客員教員のもとでの海外研修も可能となっています。
●先端臨床医学薬学コース
 自然現象のメカニズムの解明に加えて、偶然性の影響すなわち外的因子を包含した、生命の法則を見出すために人を対象としたデータによる科学的なアプローチを実現する方法を学びます。このために、科学的な方法論に基づく臨床介入の効果の評価を学び、新たな課題と仮説を生みだし基礎研究に還元することに結びつけるような基礎科学と医療(臨床現場)の間で「知の循環」を図ることが最終的な目標です。
●がん先端治療学コース
 臨床腫瘍学の広範にわたる領域横断的・臓器横断的講義と最先端の研究活動を通じて、がん治療学を包括的・統合的に理解し実践できるとともに、基礎・橋渡し・臨床研究を通じて新しい治療法を開発する能力を身につけ、ヒューマニズムに溢れ、がん患者・家族の立場にたった医療者・研究者として人類の福祉に貢献できる人材の育成を目指しています。
 

後期3年博士課程 先端創薬科学専攻

 疾病の治療、診断、予防のために有効な医薬品の開発を目指して、分子生命科学的視点に立脚した総合的な創薬に関する基礎研究と教育を行うことにより、これらの分野における研究の中核となる人材の育成を目指しています。

このページの先頭へ移動

キャンパス所在地

亥鼻キャンパス(薬学系)(薬学部、 医学薬学府)
〒260-8675 千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1

問い合わせ先

薬学部学務係TEL:043-226-2862
このページの先頭へ移動

学部・研究科・短期大学紹介

以下の表の凡例

  • 2018年度に新設又は変更予定:2018年度に新設又は変更予定 (認可申請中、設置準備中、設置予定、改組、名称変更、届出中等)
  • 夜間・土曜のみで卒業/修了可:夜間に授業を行っており、夜間のみ(土曜含む)で卒業(修了)可
  • 夜間と平日昼間の通学で卒業/修了可:夜間も授業を行っているが、卒業(修了)するには平日昼間の通学が必要
  • 土曜日の通学で修了可:土曜日の通学で修了可 日曜日の通学で修了可:日曜日の通学で修了可 土曜・日曜の通学で修了可:土曜・日曜の通学で修了可
  • 相談可:指導教員等との相談により修学方法対応可
  • 初年度納入金:入学金、授業料、施設費、実習費、諸会費等の合計金額

大学学部

学部に関する凡例

  • 1年次社会人入試を実施:社会人入試(1年次) 1年次外国人留学生入試を実施:外国人留学生入試(1年次) 1年次帰国生入試を実施:帰国生入試(1年次) 通信制(1年次):通信制(1年次)
  • 一般編入学を実施:一般入試(編入学・学士入学) 社会人編入学を実施:社会人入試(編入学・学士入学) 外国人留学生編入学を実施:外国人留学生入試(編入学) 帰国生編入学を実施:帰国生入試(編入学) 通信制(編入学):通信制(編入学)
  • ただし、社会人入試には、社会人特別入試、AO入試(社会人・シニア対象)などを含みます。
  • ※:募集停止学科(編入学実施)
薬学部
1年次外国人留学生入試を実施 1年次帰国生入試を実施 薬学科、 1年次外国人留学生入試を実施 1年次帰国生入試を実施 薬科学科
学費:初年度納入金は 830,530 円 (うち入学金は 282,000 円) (2017年度実績)
科目等履修生 、遠隔授業 
このページの先頭へ移動

大学院研究科

研究科に関する凡例

  • M:博士前期課程・修士課程 D:博士後期課程・博士課程・一貫制博士課程 P:専門職学位課程
  • 1年次社会人入試を実施:社会人入試 主として社会人を対象にした研究科等も含む 1年次外国人留学生入試を実施:外国人留学生入試 1年次帰国生入試を実施:帰国生入試 通信制(1年次):通信制
  • ◇:現職教員等 現職教員等の場合、研究業績により入試科目の一部と代替可
  • 共学:女子大学(元女子大学含む)で共学の研究科
医学薬学府(M) 
総合薬品科学専攻
学位:修士(薬科学)
学費:初年度納入金は 824,230 円 (うち入学金は 282,000 円)(2017年度実績)
医学薬学府(D) 
相談可 先端医学薬学専攻(4年制)、相談可 先端創薬科学専攻(3年制)
学位:博士(薬学)、博士(薬科学)
学費:初年度納入金は 812,420 円 〜 815,460 円 (うち入学金は 282,000 円)(2017年度実績)

医学薬学府の薬学領域の専攻のみを表示しています。

このページの先頭へ移動

入試日程

大学1年次入試

試験日 募集名 実施学部等 出願期間 資料
請求
過去問の入手
2017年7/1(土) 帰国子女入試[9月入学(秋入学)] 薬学部薬科学科  2017年6/5(月)〜6/15(木) 資料請求 非公開  
このページの先頭へ移動

大学院入試

試験日 募集名 課程 実施研究科 出願期間 資料
請求
過去問の入手
2017年8/18(金)・8/19(土) 修士課程学生募集[平成30年4月入学][平成29年10月入学] M 医学薬学府(総合薬品科学専攻)  2017年7/25(火)〜7/27(木) 資料請求 学内で閲覧  
2017年8/22(火) 博士課程学生募集[平成30年4月入学第1回][平成29年10月入学第2回] D 医学薬学府(先端医学薬学専攻、先端創薬科学専攻)  2017年7/25(火)〜7/27(木) 資料請求 学内で閲覧  
このページの先頭へ移動