東京大学大学院人文社会系研究科の教育研究上の目的

 本研究科は、人間の思想、歴史、言語、社会に対する真の理解をめざして教育と研究を実践することにより、高度な教養と思考力、表現力を身につけ、人類文化の発展に寄与する人材を養成することを目的とする。

基礎文化研究専攻

 あらゆる文化的活動の基礎にある人間の思考・認識・感情、および言語・表現・文物・制度についての根源的な理解をめざして教育・研究を行うことにより、論理的・実証的な方法に裏付けられた深い人間知を身につけ、もって人類普遍の価値の実現に寄与する人材を養成することを目的とする。

日本文化研究専攻

 日本史学専門分野と日本語日本文学専門分野が統合されている利点を生かし、世界的な視野に立って、日本社会の歴史とそこに生きる人々の言葉による思想や心情の表現の営みについて考究し、そのような研究と教育とを通して日本文化に関する深い素養を身につけ、国際交流にも貢献しうる人材を養成することを目的とする。

アジア文化研究専攻

 アジア諸地域における思想・宗教、言語・文学、政治・経済・社会の多様な様相と複雑な歴史展開についての精深な理解を得るとともに、アジアに起源する諸文化の伝播・交流・変容の諸相を把握することを通して、人類の諸文化や世界の諸課題を、根元的、多元的な視座から考察しうる人材を養成することを目的とする。

欧米系文化研究専攻

 古代から現代にいたる欧米系文化の生成と展開について、言語・文学・歴史の各分野で原典・資料の厳密な読解力を養い、国際的水準に立つ研究者を育成し、さらに研究により得られた見識から、多面的な文化活動や社会的発言を行い、現代世界の需要に応えつつ、人類の発展に寄与できる人材を養成することを目的とする。

社会文化研究専攻

 人間と人間の相互作用のなかから生じる諸現象を研究対象とし、調査、実験、観察、資料分析等の方法に裏付けられた考究を通じて、現代における多様な人間と社会の問題の発見と解決に理論的・実証的に取り組み、広い視野と高い志をもって人類文化の発展に寄与する人材を養成することを目的とする。

文化資源学研究専攻

 文化資料体(文献資料、歴史資料、美術資料、考古学資料、文化調査資料、文化統計資料等)を学問研究と文化活動における有用な資源たらしめるために、関連諸機関との協力関係を構築しつつ、資料の発掘、考証と評価、整理と保存、公開と利用といった諸段階を綜合し、全体として文化資源の形成・発達をリードする研究の推進と高度専門職業人を養成することを目的とする。

韓国朝鮮文化研究専攻

 過去から現在に至る韓国朝鮮文化および周辺地域との交流を、伝統と現在、あるいは通時的・共時的という観点から、歴史学・社会学・言語学・哲学・文化人類学という学問諸分野の方法論を複合的に用いて探求し、それにより新たな韓国朝鮮学の学問体系を定立し、研究の発展に寄与するとともに、次代を担う研究者および高度専門職業人を養成することを目的とする。

このページの先頭へ移動

キャンパス所在地

本郷キャンパス(人文社会系研究科)
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

問い合わせ先

大学院係TEL:03-5841-3710、3712
このページの先頭へ移動

学部・研究科・短期大学紹介

以下の表の凡例

  • 2018年度に新設又は変更予定:2018年度に新設又は変更予定 (認可申請中、設置準備中、設置予定、改組、名称変更、届出中等)
  • 夜間・土曜のみで卒業/修了可:夜間に授業を行っており、夜間のみ(土曜含む)で卒業(修了)可
  • 夜間と平日昼間の通学で卒業/修了可:夜間も授業を行っているが、卒業(修了)するには平日昼間の通学が必要
  • 土曜日の通学で修了可:土曜日の通学で修了可 日曜日の通学で修了可:日曜日の通学で修了可 土曜・日曜の通学で修了可:土曜・日曜の通学で修了可
  • 相談可:指導教員等との相談により修学方法対応可
  • 初年度納入金:入学金、授業料、施設費、実習費、諸会費等の合計金額

大学院研究科

研究科に関する凡例

  • M:博士前期課程・修士課程 D:博士後期課程・博士課程・一貫制博士課程 P:専門職学位課程
  • 1年次社会人入試を実施:社会人入試 主として社会人を対象にした研究科等も含む 1年次外国人留学生入試を実施:外国人留学生入試 1年次帰国生入試を実施:帰国生入試 通信制(1年次):通信制
  • ◇:現職教員等 現職教員等の場合、研究業績により入試科目の一部と代替可
  • 共学:女子大学(元女子大学含む)で共学の研究科
人文社会系研究科(M) 
基礎文化研究専攻、日本文化研究専攻、アジア文化研究専攻、欧米系文化研究専攻、社会文化研究専攻、1年次社会人入試を実施 文化資源学研究専攻、韓国朝鮮文化研究専攻
学位:修士(文学)、修士(心理学)、修士(社会学)、修士(社会心理学)
学費:初年度納入金は 817,800 円 (うち入学金は 282,000 円)(2017年度実績)
長期履修学生 、託児所・保育所 
人文社会系研究科(D) 
基礎文化研究専攻、日本文化研究専攻、アジア文化研究専攻、欧米系文化研究専攻、社会文化研究専攻、1年次社会人入試を実施 文化資源学研究専攻、韓国朝鮮文化研究専攻
学位:博士(文学)、博士(心理学)、博士(社会学)、博士(社会心理学)
学費:初年度納入金は 802,800 円 (うち入学金は 282,000 円)(2017年度実績)
長期履修学生 、託児所・保育所 
このページの先頭へ移動

入試日程

大学院入試

試験日 募集名 課程 実施研究科 出願期間 資料
請求
過去問の入手
一次:2017年8/26(土)、二次:9/2(土) 夏季入試:一般選抜、社会人特別選抜(文化資源学研究専攻のみ) M 人文社会系研究科※入試実施有無は専攻・専門分野により異なる  2017年6/19(月)〜6/26(月)必着 資料請求  
一次:2018年1/20(土)、二次:2/6(月)
※専門分野により異なるので、詳細は募集要項を確認してください。
冬季入試:一般選抜、社会人特別選抜(文化資源学研究専攻のみ) M 人文社会系研究科※入試実施有無は専攻・専門分野により異なる  2017年10/16(月)〜10/23(月)必着 資料請求  
一次:2018年1/20(土)、二次:2/8(木)・2/9(金)
※専門分野により異なるので、詳細は募集要項を確認してください。
一般選抜、社会人特別選抜(文化資源学研究専攻のみ) D 人文社会系研究科  2017年12/1(金)〜12/7(木)必着 資料請求  
このページの先頭へ移動

オープンキャンパス・イベント

日程 種類 主催/対象 名称 開催地 会場 問い合わせ先
2017年4/23(日)  人文社会系研究科 夏季入試説明会 東京都 本学キャンパス 03-5841-3710
2017年7/22(土)・7/23(日)  人文社会系研究科 冬季入試説明会 東京都 本学キャンパス 03-5841-3710
このページの先頭へ移動

取得可能資格など

取得可能資格についての注意点 [開く...]

取得できる資格/教員免許
人文社会系研究科 国語(中、高)、社会(中)、地理歴史(高)、公民(高)、英語(中、高)
このページの先頭へ移動