「K.I.T 虎ノ門大学院」 ビジネスに即役立つ『知財』と『MBA』を第一線の実務家教員から学び最短1年で学位取得が可能

第一線で活躍するプロが教える1年制社会人大学院

 K.I.T.虎ノ門大学院は『教育付加価値日本一』を目指す金沢工業大学のフラッグシップ拠点として、2004年に「虎ノ門」に開設した1年制の社会人大学院です。MBA、知的財産、メディア&エンタメといった実務スキルをトップマネジメント中心の実務家教員、それに対する少人数制により、多くのビジネスパーソンへ、高い専門性と実践力を提供し続けています。2017年度においては院生のほとんどが働きながら学んでいます。
 2016年4月からはイノベーションマネジメント研究科としてスタートし、経営・マーケティング分野においては日本最高クラスの講義品質を実現しており、ビジネス系の科目を主として学んだ方は、MBA(経営管理)の学位を取得することができます。また、知的財産に関する法律・実務科目やマネジメントに役立つ実践的なプログラムも充実しており、知的財産系の科目を主として学んだ方は、MIPM(知的財産マネジメント)の学位を取得することができます。さらに、弁理士資格を目指す方には、弁理士試験短答試験一部免除に対応した科目群を設けるとともに所定のテーマで修士論文を作成することにより論文試験選択科目の免除を受けることも可能です。
 なお、本研究科では選択必修科目の履修以外に必修科目としての専修科目(修士研究)履修が義務付けられております。実務家教員である専任教員と世代・分野を超えた多様なゼミ生との毎週のゼミ活動を通じて、実務に直結する業務課題を研究テーマとして取り組むことができ、修了後のみならず在学中から所属先組織における業務の高いパフォーマンス発揮が期待できます。

 ●MBAの学位を目指す方へ
   ビジネスマネジメント領域
   メディア&エンタテインメント領域
 ●知的財産マネジメントの学位を目指す方へ
   イノベーション&知的財産領域
   知的財産実務領域

「職業実践力育成プログラム(BP)」に認定

 イノベーションマネジメント研究科は、2015年12月15日付で文部科学省「職業実践力育成プログラム(BP)」に認定されています。
 「職業実践力育成プログラム(BP:Brush up Program for professional)」とは、大学・大学院・短期大学・高等専門学校におけるプログラムの受講を通じた社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的として、大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを「職業実践力育成プログラム(BP)」として文部科学大臣が認定するものです。
 当研究科では、『社会に出た後も、誰もが学び続け、夢と志のために挑戦できる社会』の実現に貢献できるよう同プログラムを遂行していきます。

このページの先頭へ移動

キャンパス所在地

東京虎ノ門キャンパス(イノベーションマネジメント研究科)
〒105-0002 東京都港区愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル12F

問い合わせ先

東京虎ノ門キャンパス事務室TEL:0120-757-242
このページの先頭へ移動

学部・研究科・短期大学紹介

以下の表の凡例

  • 2018年度に新設又は変更予定:2018年度に新設又は変更予定 (認可申請中、設置準備中、設置予定、改組、名称変更、届出中等)
  • 夜間・土曜のみで卒業/修了可:夜間に授業を行っており、夜間のみ(土曜含む)で卒業(修了)可
  • 夜間と平日昼間の通学で卒業/修了可:夜間も授業を行っているが、卒業(修了)するには平日昼間の通学が必要
  • 土曜日の通学で修了可:土曜日の通学で修了可 日曜日の通学で修了可:日曜日の通学で修了可 土曜・日曜の通学で修了可:土曜・日曜の通学で修了可
  • 相談可:指導教員等との相談により修学方法対応可
  • 初年度納入金:入学金、授業料、施設費、実習費、諸会費等の合計金額

大学院研究科

研究科に関する凡例

  • M:博士前期課程・修士課程 D:博士後期課程・博士課程・一貫制博士課程 P:専門職学位課程
  • 1年次社会人入試を実施:社会人入試 主として社会人を対象にした研究科等も含む 1年次外国人留学生入試を実施:外国人留学生入試 1年次帰国生入試を実施:帰国生入試 通信制(1年次):通信制
  • ◇:現職教員等 現職教員等の場合、研究業績により入試科目の一部と代替可
  • 共学:女子大学(元女子大学含む)で共学の研究科
イノベーションマネジメント研究科(M) 
夜間・土曜のみで卒業/修了可 土曜・日曜の通学で修了可 相談可 1年次社会人入試を実施 イノベーションマネジメント専攻
学位:修士(経営管理)、修士(知的財産マネジメント)
学費:入学金は60,000 円、基礎授業料は1学期分50,000 円×4学期、単位授業料は[専修科目]60,000円/単位 [専修科目以外]22単位まで60,000円/単位 22単位超30,000円/単位
 (参考)1年間で修了要件の36単位を履修の場合、入学金・基礎授業料・単位授業料の総額は2,240,000円になります。 (2017年度実績)
科目等履修生 、教育訓練給付制度 、短期在学コース 、単位制授業料 、職業実践力育成プログラム(BP)の認定 
このページの先頭へ移動