都市の再生と活性化を目指す社会人向け大学院(2018年4月新設予定)

 都市に今後訪れる人口減少・高齢化と産業空洞化に対応できる、新しい時代の要請「イノベーション」と「サスティナビリティ」を2つのキーコンセプトとした都市の再生と創造をめざす新たな研究教育拠点が誕生します。
 今後重要性の高い、都市・地域のまちづくりや公共政策・産業政策、地方自治体の行政に関わるガバナンス、都市・地域の中小ベンチャーの企業経営、医療・福祉の経営革新、などを志向した都市経営の諸課題に経済、経営、政策、地域、法/行政などの視点から、都市をささえる主要なセクターの現場で問題解決できる、クリエイティブで高い倫理的識見を備えた指導的人材を養成します。

都市経営研究科の特色

【現代都市の再生と創造】
 現代都市は、人口減少・高齢化と産業空洞化の流れの中で数多くの課題に直面する時代に入ります。こうした課題を解決するために、イノベーション(産業や組織の革新)とサスティナビリティ(持続可能性)という概念が不可欠です。

【都市経営研究科とは?】
 都市を支える行政、プランナー、ビジネス、医療・福祉・市民公益活動等の主要なセクターに属する人々が、自らの現場で抱えている都市経営の諸課題を、経済・経営・政策・地域・法/行政などの視点から、都市のイノベーションとサスティナビリティをふまえて解決できるように、指導的人材やプロフェッショナル/実務的研究者を養成する大学院です。
 このために、都市経営の基礎となる都市・地域の政策/地域経済分析や、都市経営のための地方自治体の行政改革・ガバナンス、都市を活性化する中小ベンチャーの企業経営革新とICT化、医療・福祉の経営革新等の都市経営の諸課題について、「都市政策・地域経済」「都市行政」「都市ビジネス」「医療・福祉イノベーション経営」などのコースを設けています。

【都市の課題解決を支援する大学院】
 都市は、人口減少・高齢化と産業空洞化の流れのなかで、課題の多い難しい時代に入り、再生と活性化が求められています。都市経営研究科は、都市のイノベーションとサスティナビリティをキーコンセプトとして、現代都市の再生と活性化を目指して、参加型のワークショップなどを含む教育、教員と学生の共同研究、関西の各団体や行政とのプロジェクトなどにより、現代都市の課題解決に取組む人材の養成をすすめます。

【平日夜2日と土曜通学で修了可能(社会人向け)】
 都市経営研究科は、忙しい人が働きながら通えるように、平日夜2日と土曜通学で修了可能です(授業は交通至便な大阪駅前第2ビルです)。

【各界第一線の講師陣とディスカッションするワークショップ】
 毎週、当該分野の第一人者をお招きして、いま何が課題か、それについてどう考えているか、3時間の授業の前半でご講演いただきます。後半では、学生とゲストスピーカーの間で質疑と討論をおこないます。ワークショップは、各コースで、教員複数がコーディネータとなり、企画・運営します。現在およびこれからの課題に体系的に取組むとともに、将来を展望します。

都市経営研究科 都市経営専攻(修士課程)コース

●都市政策・地域経済コース
 民間の経営手法の導入、「公」の仕事に民間の手法をいれるPPP(広義)や、PFI、コンセッションなどの視点を導入する公共経営や公会計、まちづくりや文化政策、観光振興において、予算を節約しつつマーケティングや市民協働を活用し都市の個性を生かし効果をあげる都市再生手法などをテーマに、都市経営の基礎となる都市・地域の政策/地域経済分析を研究する。

●都市行政コース
 行政組織設計・行政改革の視点や、納税者であり公共サービスの享受者でもある市民に公共サービスを理解していただくための市民合意、市民参加、行政のコンプライアンスやガバナンス、法政策といった重要な課題を研究する。

●都市ビジネスコース
 都市活力の再生のための中小企業やベンチャービジネスの活性化に必要な、中小企業やベンチャービジネスのイノベーション促進・経営革新・IT化および、事業創造やAIやIoT時代を迎えるICTを中心とした新産業振興を研究する。

●医療・福祉イノベーション経営コース
 類例の無い少子高齢社会においてますます需要が増大する医療・社会福祉・公益非営利サービスの利用者価値を高める、イノベーティブでサスティナブルな経営手法を研究する。

このページの先頭へ移動

キャンパス所在地

梅田サテライト(2018年度 設置・改組予定都市経営研究科(新・2018年4月予定))
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6F
杉本キャンパス(2018年度 設置・改組予定都市経営研究科(新・2018年4月予定))
〒558-8585 大阪府大阪市住吉区杉本3-3-138

問い合わせ先

学務企画課(都市経営研究科開設準備担当)TEL:06-6605-3508
このページの先頭へ移動

学部・研究科・短期大学紹介

以下の表の凡例

  • 2018年度に新設又は変更予定:2018年度に新設又は変更予定 (認可申請中、設置準備中、設置予定、改組、名称変更、届出中等)
  • 夜間・土曜のみで卒業/修了可:夜間に授業を行っており、夜間のみ(土曜含む)で卒業(修了)可
  • 夜間と平日昼間の通学で卒業/修了可:夜間も授業を行っているが、卒業(修了)するには平日昼間の通学が必要
  • 土曜日の通学で修了可:土曜日の通学で修了可 日曜日の通学で修了可:日曜日の通学で修了可 土曜・日曜の通学で修了可:土曜・日曜の通学で修了可
  • 相談可:指導教員等との相談により修学方法対応可
  • 初年度納入金:入学金、授業料、施設費、実習費、諸会費等の合計金額

大学院研究科

研究科に関する凡例

  • M:博士前期課程・修士課程 D:博士後期課程・博士課程・一貫制博士課程 P:専門職学位課程
  • 1年次社会人入試を実施:社会人入試 主として社会人を対象にした研究科等も含む 1年次外国人留学生入試を実施:外国人留学生入試 1年次帰国生入試を実施:帰国生入試 通信制(1年次):通信制
  • ◇:現職教員等 現職教員等の場合、研究業績により入試科目の一部と代替可
  • 共学:女子大学(元女子大学含む)で共学の研究科
2018年度 設置・改組予定 都市経営研究科(M) (新・2018年4月予定)
2018年度 設置・改組予定 夜間・土曜のみで卒業/修了可 1年次社会人入試を実施 都市経営専攻(新・2018年4月予定)
学位:修士(都市経営)
学費:初年度納入金は917,800円 (うち入学金は 382,000 円)、市民の方は 757,800円 (うち入学金は 222,000 円)(2018年度予定)
サテライトキャンパス 

都市経営研究科は、2018年4月新設予定です。

このページの先頭へ移動

入試日程

大学院入試

試験日 募集名 課程 実施研究科 出願期間 資料
請求
過去問の入手
2017年9/9(土) 修士課程(夏季募集)社会人一般選抜・特別選抜 M 都市経営研究科  2017年8/14(月)〜8/18(金) 資料請求  
2018年2/16(金)または2/17(土) 修士課程(冬季募集)社会人一般選抜・特別選抜 M 都市経営研究科  2018年1/4(木)〜1/10(水) 資料請求  
このページの先頭へ移動