Graduate School of Natural Science and Technology, Okayama University, Japan

研究科概要

 自然科学研究科は、昭和62年4月に博士課程研究科として発足し、時代と社会の要請による数度の改組を経て、現在は博士前期課程8専攻、博士後期課程5専攻から成る区分制の博士課程と、5年一貫制博士課程1専攻とで構成される総合大学院となっています。理学部、工学部を基礎学部とし、惑星物質研究所ならびに異分野基礎科学研究所も含めて、教員270余名、学生1000余名を擁する岡山大学で2番目に大きな研究科です。その目標とするところは、科学技術立国としてのわが国の発展を支える人材の育成にあります。
 岡山大学は世界トップ大学と伍して卓越した教育研究を推進することを目指しており、自然科学研究科はまさにその屋台骨を支える重要な大黒柱としての役割を担っています。理学系を中心とした分野では、植物の光合成、水の物理化学、超新星背景ニュートリノ、超伝導、気候変動をはじめとする、多くの基礎研究で先導的成果を産み出しつつあります。大学院生は講義、演習等により、知識や能力を養うことに加えて、これらの研究活動に従事することにより、それぞれの学問領域において研究を深化させる技術力、思考力、人間力を身に着けるとともに、新たな領域を切り拓く広い視野と研究力を養うことができます。2年間の博士前期課程を終えるとき、あるいはそれに続く3年間の博士後期課程を修了するとき、各自は入学時点に比べて大きく成長したことを自覚することができるでしょう。
 近年、以前にも増して国際的に活躍できる力が求められています。現代世界は、食糧、エネルギー、地球温暖化、砂漠化、オゾンホールなど、多くの解決すべき問題を抱えています。これら諸問題の解決のためには、英知を結集し、世界と協力して取り組むべき局面にあると言えます。今後はますます多様な文化、社会、言語、宗教を背景とする人々と相互に理解し、協力して問題解決にあたる力が求められるでしょう。実際、自然科学研究科では多くの国際的な共同研究が行われており、修了生も世界の各方面で活躍しています。自然科学研究科では、専門性を養うばかりでなく、国際社会で活躍できるグローバルな感性、理解力、発信力を身に着けることも意識した教育を進めています。(大学院課程教育における3つの方針

自然科学研究科(理学系)【博士前期課程】

数理物理科学専攻
 数学および物理学において学部で培った専門的知識に基づき、一層高度な専門的素養と基礎研究能力を養い、国際的に通じるような人材を育成することを目的とします。

分子科学専攻
 あらゆる物質の分子レベルでの構造、物性、反応の本質的理解と、それら物質が関与する様々な化学的挙動の根本原理の解明を進める教育と研究を行います。高い創造性を持ち、基礎から応用までの最前線研究に対応できる研究者、並びに教育など社会の諸分野で活躍できる人材を育成します。

生物科学専攻
 生物の構造と機能を分子・細胞レベルで解析し、生命現象の基本原理を解明するとともに、地球的規模の生命圏の保全、人類の持続的進化への貢献を見据えた教育と研究を行い、幅広い視野、高度な研究能力と豊かな創造性を備えた人材を育成します。

地球科学専攻
 地球を構成する大気圏・水圏・地圏・ 生物圏について、その時間変化や空間的構造及びそれらの相互作用のメカニズムの解明を目指した教育と研究を行います。高度な知識を持ち、先端技術やフィールドワークに対応できる研究者・技術者ならびに教育者を育成します。

自然科学研究科(理学系)【博士後期課程】

数理物理科学専攻
 自然科学の数理的基礎能力と幅広い基礎科学の知識に裏付けられた応用力、そしてそれらを実践する先端的科学研究の経験を糧に、先端基礎科学の重要な研究テーマを開拓し、自ら推進できる開拓研究者を育成します。また、高い数値解析能力と基礎概念の深い理解を併せ持ち、かつ新しい原理を発想可能な研究者及び技術者を育成します。

地球生命物質科学専攻
 物質に基盤をおいた実験及び理論的手法により、宇宙・地球・大気に関わる現象、生物の構造と機能、原子・分子及びその集合体の性質に関する広範で学際的な教育と研究を行います。これらの教育研究活動を通して、自然科学に対する深い知識と幅広い視野を持ち、高度な研究能力と豊かな創造性を備えた研究者・技術者・教育者となる人材を育成します。

●学際基礎科学専攻(2018年4月新設予定)
 平成30年4月より博士後期課程に「学際基礎科学専攻」を設置する計画です。学際基礎科学専攻では、大学院生の多様なキャリアパスの形成と個々の強みの強化を目的に、数学、物理学、化学、生物学、地球科学の基幹的理学分野にまたがる学際基礎科学(理学)領域での教育と研究指導を行います。
 

入試日程については、岡山大学大学院自然科学研究科の ホームページ で確認してください。  

岡山大学大学院自然科学研究科(理学系)大学院進学説明・相談会

場 所:岡山大学理学部1号館21講義室(岡山市北区津島中3-1-1)
開催日:平成29年6月24日(土)
時 間:13:00〜15:00
内 容:
・全体説明
  岡山大学大学院自然科学研究科長 挨拶
  岡山大学理学部長 挨拶
  岡山大学大学院自然科学研究科(理学系)の説明
  (岡山大学異分野基礎科学研究所の説明を含む、15分程度)
・各専攻に分かれて説明会(45分程度)
・相談会・在籍大学院生との情報交換(60分程度)

遠方から来学の場合、岡山大学津島宿泊所(1泊2,800円より)が利用できます。

連絡先:六信(むつのぶ)[電話]086-251-7778 [メール] igx7778ATadm.okayama-u.ac.jp(ATを@に)
開催日および時間は変更になることがありますので、上記の連絡先までご確認ください。

このページの先頭へ移動

キャンパス所在地

津島キャンパス(自然科学研究科)
〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中3-1-1

問い合わせ先

岡山大学理学部事務室TEL:086-251-7778
このページの先頭へ移動

学部・研究科・短期大学紹介

以下の表の凡例

  • 2018年度に新設又は変更予定:2018年度に新設又は変更予定 (認可申請中、設置準備中、設置予定、改組、名称変更、届出中等)
  • 夜間・土曜のみで卒業/修了可:夜間に授業を行っており、夜間のみ(土曜含む)で卒業(修了)可
  • 夜間と平日昼間の通学で卒業/修了可:夜間も授業を行っているが、卒業(修了)するには平日昼間の通学が必要
  • 土曜日の通学で修了可:土曜日の通学で修了可 日曜日の通学で修了可:日曜日の通学で修了可 土曜・日曜の通学で修了可:土曜・日曜の通学で修了可
  • 相談可:指導教員等との相談により修学方法対応可
  • 初年度納入金:入学金、授業料、施設費、実習費、諸会費等の合計金額

大学院研究科

研究科に関する凡例

  • M:博士前期課程・修士課程 D:博士後期課程・博士課程・一貫制博士課程 P:専門職学位課程
  • 1年次社会人入試を実施:社会人入試 主として社会人を対象にした研究科等も含む 1年次外国人留学生入試を実施:外国人留学生入試 1年次帰国生入試を実施:帰国生入試 通信制(1年次):通信制
  • ◇:現職教員等 現職教員等の場合、研究業績により入試科目の一部と代替可
  • 共学:女子大学(元女子大学含む)で共学の研究科
自然科学研究科(M) 
1年次社会人入試を実施 1年次外国人留学生入試を実施 数理物理科学専攻、1年次社会人入試を実施 1年次外国人留学生入試を実施 分子科学専攻、1年次社会人入試を実施 1年次外国人留学生入試を実施 生物科学専攻、1年次社会人入試を実施 1年次外国人留学生入試を実施 地球科学専攻
学位:修士(理学)、修士(工学)、修士(学術)
学費:初年度納入金は 817,800 円 (うち入学金は 282,000 円)(2017年度実績)
科目等履修生 
自然科学研究科(D) 
夜間と平日昼間の通学で卒業/修了可 相談可 1年次外国人留学生入試を実施 数理物理科学専攻、夜間と平日昼間の通学で卒業/修了可 相談可 1年次外国人留学生入試を実施 地球生命物質科学専攻、2018年度 設置・改組予定 学際基礎科学専攻(新・2018年4月予定)
学位:博士(理学)、博士(工学)、博士(学術)
学費:初年度納入金は 817,800 円 (うち入学金は 282,000 円)(2017年度実績)

自然科学研究科の理学系の専攻のみを表示しています。
学位「工学」については、自然科学研究科の工学系の専攻のみに限ります。

博士後期課程「学際基礎科学専攻」については、2018年4月設置予定です。

このページの先頭へ移動

オープンキャンパス・イベント

日程 種類 主催/対象 名称 開催地 会場 問い合わせ先
2017年6/24(土)  自然科学研究科(理学系) 大学院進学説明・相談会 岡山県 津島キャンパス 理学部1号館21講義室 086-251-7778
このページの先頭へ移動