3つの課程と14の専修、12の専攻 〜 選びうる、選ぶべき未来を探る 自然と人間のかかわりを総合的に科学する

農学部〜応用生命科学、環境資源科学、獣医学の3課程14専修

 農学部の特徴は、一つの学部内に生物学、化学、物理学、工学、情報科学、社会科学などバラエティーに富む専門分野を擁していることで、農学部はまさにミニ・ユニバーシティと言えます。農学は、こうした専門分野が連携して、総合的に取り組まなければならない学問です。そこでは、様々なアプローチや手法が用いられ、また、既存の学問分野にとらわれない広範な知識と柔軟なものの考え方が必要とされます。
 このため、学生の皆さんは、同一学部内で広い領域にわたって教育・研究活動に接し、勉学上、適切なアドバイスを受けることができるようになっています。こうした横の広がりに加えて、農学では、基礎から応用、フィールドでの実践、社会との関わり合いと、縦につながる一貫した教育を実施しています。
 こうした教育を実現するため、農学部では従来の学科制を廃し、課程制をとっています。「課程」は、従来の学科にとらわれずに、学問体系に沿って分けられた大きなカテゴリーであり、講義を主体とした教育体制であるということができます。これに対し「専修」は、従来の学科よりもやや専門化した区分であり、講義に実験・実習が加わった教育単位です。農学部には、現在、応用生命科学、環境資源科学、獣医学の3課程があり、これがさらに14専修に分かれています。

応用生命科学課程 〜最も魅力ある学問分野の一つである生命科学を、基礎と応用の両面から総合的に学ぶ〜
 生命化学・工学専修、応用生物学専修、森林生物科学専修、水圏生物科学専修、動物生命システム科学専修、生物素材化学専修

環境資源科学課程 〜自然環境、生物環境、生活環境の保全と創造を地球と地域レベルで実現しながら、21世紀の食料・資源・地域開発のグローバルデザインを描く〜
 緑地環境学専修、森林環境資源科学専修、木質構造科学専修、生物・環境工学専修、農業・資源経済学専修、フィールド科学専修、国際開発農学専修

獣医学課程 〜動物の医学および高等動物の比較生物学という広い領域を学問の対象とする〜
 獣医学専修

農学生命科学研究科

 農学の基盤である生命科学、森林科学、水圏生物科学、動物科学をはじめ、農業経済学や生物材料科学などに関する世界水準の教育、研究を進め、人類が抱える食料や環境をめぐる多様な課題に取り組む専門性豊かな人材を養成することを目的としています。
 現在12の専攻があり、各専攻では、専門的な教育、最先端の研究を行っています。教育については、専攻ごとに、さまざまな形態の講義、実習、実験、実地研究、調査などを行っています。
 また、専攻横断的な教育・研究プログラムとして、アグリバイオインフォマティクス・プログラムやアグリコクーン・システムが設置されています。農学生命科学研究科では、東京大学で初めての副専攻制が導入され、生物材料科学専攻の修士課程には社会人特別選抜の木造建築コースが設置されています。

12の専攻
 生産・環境生物学専攻、応用生命化学専攻、応用生命工学専攻、 森林科学専攻、水圏生物科学専攻、農業・資源経済学専攻、生物・環境工学専攻、 生物材料科学専攻、農学国際専攻、生圏システム学専攻、 応用動物科学専攻、獣医学専攻

このページの先頭へ移動

キャンパス所在地

弥生キャンパス(農学部、 農学生命科学研究科)
〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1

問い合わせ先

農学系教務課学部学生担当TEL:03-5841-5008
農学系教務課大学院学生担当TEL:03-5841-5010
このページの先頭へ移動

学部・研究科・短期大学紹介

以下の表の凡例

  • 2018年度に新設又は変更予定:2018年度に新設又は変更予定 (認可申請中、設置準備中、設置予定、改組、名称変更、届出中等)
  • 夜間・土曜のみで卒業/修了可:夜間に授業を行っており、夜間のみ(土曜含む)で卒業(修了)可
  • 夜間と平日昼間の通学で卒業/修了可:夜間も授業を行っているが、卒業(修了)するには平日昼間の通学が必要
  • 土曜日の通学で修了可:土曜日の通学で修了可 日曜日の通学で修了可:日曜日の通学で修了可 土曜・日曜の通学で修了可:土曜・日曜の通学で修了可
  • 相談可:指導教員等との相談により修学方法対応可
  • 初年度納入金:入学金、授業料、施設費、実習費、諸会費等の合計金額

大学学部

学部に関する凡例

  • 1年次社会人入試を実施:社会人入試(1年次) 1年次外国人留学生入試を実施:外国人留学生入試(1年次) 1年次帰国生入試を実施:帰国生入試(1年次) 通信制(1年次):通信制(1年次)
  • 一般編入学を実施:一般入試(編入学・学士入学) 社会人編入学を実施:社会人入試(編入学・学士入学) 外国人留学生編入学を実施:外国人留学生入試(編入学) 帰国生編入学を実施:帰国生入試(編入学) 通信制(編入学):通信制(編入学)
  • ただし、社会人入試には、社会人特別入試、AO入試(社会人・シニア対象)などを含みます。
  • ※:募集停止学科(編入学実施)
農学部
応用生命科学課程、 環境資源科学課程、 獣医学課程
学費:初年度納入金は 817,800 円 (うち入学金は 282,000 円) (2017年度実績)
このページの先頭へ移動

大学院研究科

研究科に関する凡例

  • M:博士前期課程・修士課程 D:博士後期課程・博士課程・一貫制博士課程 P:専門職学位課程
  • 1年次社会人入試を実施:社会人入試 主として社会人を対象にした研究科等も含む 1年次外国人留学生入試を実施:外国人留学生入試 1年次帰国生入試を実施:帰国生入試 通信制(1年次):通信制
  • ◇:現職教員等 現職教員等の場合、研究業績により入試科目の一部と代替可
  • 共学:女子大学(元女子大学含む)で共学の研究科
農学生命科学研究科(M) 
相談可 1年次社会人入試を実施 1年次外国人留学生入試を実施 生産・環境生物学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 1年次外国人留学生入試を実施 応用生命化学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 1年次外国人留学生入試を実施 応用生命工学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 1年次外国人留学生入試を実施 森林科学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 1年次外国人留学生入試を実施 水圏生物科学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 1年次外国人留学生入試を実施 農業・資源経済学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 1年次外国人留学生入試を実施 生物・環境工学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 1年次外国人留学生入試を実施 生物材料科学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 1年次外国人留学生入試を実施 農学国際専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 1年次外国人留学生入試を実施 生圏システム学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 1年次外国人留学生入試を実施 応用動物科学専攻
学位:修士(農学)
学費:初年度納入金は 817,800 円 (うち入学金は 282,000 円)(2017年度実績)
農学生命科学研究科(D) 
相談可 1年次社会人入試を実施 生産・環境生物学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 応用生命化学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 応用生命工学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 森林科学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 水圏生物科学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 農業・資源経済学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 生物・環境工学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 生物材料科学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 農学国際専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 生圏システム学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 応用動物科学専攻、相談可 1年次社会人入試を実施 獣医学専攻
学位:博士(農学)、博士(獣医学)
学費:初年度納入金は 802,800 円 (うち入学金は 282,000 円)(2017年度実績)
このページの先頭へ移動

入試日程

大学院入試

試験日 募集名 課程 実施研究科 出願期間 資料
請求
過去問の入手
筆記:2017年8/16(水)・8/17(木)、口述:8/25(金)※口述の有無・試験日は専攻により異なる 修士課程学生募集(一般選抜・社会人特別選抜) M 農学生命科学研究科  2017年7/10(月)〜7/14(金) 資料請求 過去問題集送付可  
筆記:2017年8/17(木)、口述:8/18(金) 獣医学博士課程学生募集(一般選抜・社会人特別選抜) D 農学生命科学研究科(獣医学専攻)  2017年7/3(月)〜7/7(金) 資料請求  
1次筆記:2017年8/17(木)、面接:8/18(金)〜8/28(月)※専攻により異なる
2次:2018年2/13(火)〜2/16(金)※専攻により異なる
博士後期課程学生募集(一般選抜・社会人特別選抜)前期募集 D 農学生命科学研究科※入試実施有無は専攻により異なる   2017年7/3(月)〜7/7(金) 資料請求  
1次筆記:2018年2/8(木)
2次:2/13(火)〜2/16(金)※専攻により異なる
博士後期課程学生募集(一般選抜・社会人特別選抜)後期募集 D 農学生命科学研究科※入試実施有無は専攻により異なる   2017年12/1(金)〜12/6(水) 資料請求  
このページの先頭へ移動

オープンキャンパス・イベント

日程 種類 主催/対象 名称 開催地 会場 問い合わせ先
2017年4/29(土)  農学生命科学研究科 農業・資源経済学専攻 修士・博士課程学生募集公開ガイダンス 東京都 農学部1号館324号室 03-5841-5010
2017年5/13(土)  農学生命科学研究科 応用生命化学専攻・応用生命工学専攻 第1回修士・博士課程学生募集公開ガイダンス 東京都 農学部2号館化学第1講義室 03-5841-5010
2017年5/15(月)  農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻(大気海洋研究所の研究室も含む) 修士・博士課程学生募集公開ガイダンス 東京都 農学部2号館化学第2講義室 03-5841-5010
2017年5/20(土)  農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻 修士・博士課程学生募集公開ガイダンス 東京都 農学部3号館教授会室 03-5841-5010
2017年5/20(土)  農学生命科学研究科 生物・環境工学専攻 修士・博士課程学生募集公開ガイダンス 東京都 農学部7号館A棟114/115講義室 03-5841-5010
2017年5/27(土)  農学生命科学研究科 生圏システム学専攻 修士・博士課程学生募集公開ガイダンス 東京都 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー 03-5841-5010
2017年6/3(土)  農学生命科学研究科 森林科学専攻 修士・博士課程学生募集公開ガイダンス 東京都 農学部1号館第7講義室 03-5841-5010
2017年6/3(土)  農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 修士・博士課程学生募集公開ガイダンス 東京都 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー 03-5841-5010
2017年6/3(土)  農学生命科学研究科 農学国際専攻 修士・博士課程学生募集公開ガイダンス 東京都 農学部1号館8番講義室 03-5841-5010
2017年6/3(土)  農学生命科学研究科 応用動物科学専攻 修士・博士課程学生募集公開ガイダンス 東京都 農学部7号館A棟106講義室 03-5841-5010
2017年6/9(金)  農学生命科学研究科 獣医学専攻 修士・博士課程学生募集公開ガイダンス 東京都 弥生講堂アネックス エンゼル研究棟講義室 03-5841-5010
2017年6/10(土)  農学生命科学研究科 応用生命化学専攻・応用生命工学専攻 第2回修士・博士課程学生募集公開ガイダンス 東京都 農学部2号館化学第1講義室 03-5841-5010
2017年8/2(水)・3日(木) I[vLpX  農学部 オープンキャンパス2017農学部コース
一部事前登録必要
東京都 弥生講堂(一条ホール/アネックス) 03-5841-2777、5593
このページの先頭へ移動