大学・大学院による制度の活用で、もっと学びやすく

科目等履修生

 科目等履修生とは、正規の学生と異なり、開講されている授業科目のうち、関心のある授業科目だけを選んで履修するいわば「パートタイム学生」です。科目等履修生も正規の学生と同じように、履修した授業科目の試験を受け、合格すれば単位が与えられます。  
※科目等履修生のほか、聴講生、特別聴講学生、研究生、特別研究学生、研修生などの制度を設けて学生を受け入れている大学・大学院も多くありますが、ここではこれらの受入れについては掲載していません。

このページの先頭へ移動

教育訓練給付制度

 厚生労働省が、雇用保険の被保険者個人に対して主体的な能力開発の取組を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。当初は支給される対象の指定は専修学校、各種学校での教育訓練だけでしたが、夜間大学院等や、大学院等の高等教育機関で行われるコースも教育訓練給付制度の対象として指定を拡大されています。

このページの先頭へ移動

長期履修学生

 長期履修学生制度とは、職業を有している社会人などが、修業年限を越えた一定の期間にわたって、正規の学生として計画的に教育課程を履修して卒業(修了)できる制度です。本制度の適用を申請しそれが認められた場合、個人がその事情に応じて、学部であれば4年以上、5年・6年にかけて卒業する、大学院であれば2年以上、3年・4年かけて修了するというものです。

このページの先頭へ移動

長期在学コース

 長期在学コースは大学院だけに認められている制度です。長期履修学生制度と長期在学コースの違いは、長期履修生制度では、この制度を実施している大学院に入学した際に、個人として長期履修制度を利用するかを申請するというのに対して、長期在学コースの場合は、大学院として「長期在学コース」を設けているかということになります。

このページの先頭へ移動

短期在学者コース

 短期在学コースは大学院だけに認められている制度です。夜間や土曜日、夏期・冬期休暇などに授業を行うことにより在学年数を短縮することになり、「1年制コース」などとして募集されています。

このページの先頭へ移動

サテライトキャンパス

 サテライト・キャンパスとは、大学の本部とは離れた別の場所に研究科あるいは専攻の一部の教育を行うために設置されたキャンパスのことです。勤務しながら大学院で学ぶ社会人学生のために都心部等に設けられています。土曜日などには、サテライトキャンパスではなく、大学本部に通学するという場合もあります。

このページの先頭へ移動

遠隔授業

 遠隔授業には、マルチメディアを活用して離れたキャンパス間で行われるテレビ会議式のもの、インターネットなどによるeラーニングシステムなどがあります。自宅やオフィスで学ぶことが出来るようにしている大学、中には、双方向でリアルタイムに討論・質問ができる大学もあります。

このページの先頭へ移動

単位制授業料

 社会人を対象として、通常の修業年限(たとえば2年)より長い在学期間を認め、授業料を単位制で支払うことが可能な大学があります。この他、修業年限で卒業(修了)できなかった場合に、残った単位を単位制にしている大学もあります。

このページの先頭へ移動

社会人向け学費等減免

 社会人を対象として、入学金の減免、授業料の減免をしている大学・大学院があります。

このページの先頭へ移動

社会人向け奨学金

 社会人を対象とした奨学金を設けている大学・大学院があります。なお、日本学生支援機構(以前の日本育英会)の奨学金も、社会人であっても条件が満たせばこの機構の奨学金を受けることができます。

このページの先頭へ移動

留学生向け学費等減免

 外国人留学生を対象として、入学金の減免、授業料の減免をしている大学・大学院があります。

このページの先頭へ移動

留学生向け奨学金

 外国人留学生の奨学金には、日本学生支援機構等の奨学金など大学を通じて申し込むもの、直接団体などに申し込むもの、大学が独自で奨学金制度を設けている場合があります。

このページの先頭へ移動

シニア・団塊世代対象

 シニア・団塊世代を対象とした特別選抜を実施している大学・大学院があります。通常の社会人選抜より高い年齢層を対象とし選抜方法を筆記試験ではなく面接などによって行われる場合が多いようです。

このページの先頭へ移動

託児所・保育所

 大学で学ぶ学生や社会人の年齢が多様化してきているのに対応して、最近、託児所・保育所を設置する大学が徐々に増えてきています。

このページの先頭へ移動

履修証明制度

 履修証明制度とは、社会人等の多様なニーズに応じた体系的な教育、学習機会を提供する制度です。大学等が、当該大学の学生以外の者に対して、体系的な知識・技術等の習得を目指した教育プログラム(総時間数120時間以上)を提供し、学校教育法に基づく修了の事実を証する証明書を発行します。

このページの先頭へ移動

職業実践力育成プログラム(BP)の認定

 大学・大学院・短期大学・高等専門学校におけるプログラムの受講を通じた社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的として、大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを文部科学大臣が認定する制度のことです。

このページの先頭へ移動